×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力回復トレーニングと目の良くなる環境作り/食生活

視力(しりょく)はトレーニングをしたからといって、回復(かいふく)するとは限り(かぎり)ません。周り(まわり)の環境(かんきょう)の改善(かいぜん)を図り(はかり)ながら行っ(いっ)ていかなければ、視力(しりょく)はそう簡単(かんたん)には回復(かいふく)しないのです。もちろんトレーニングが一番(いちばん)重要(じゅうよう)ではありますが、回復(かいふく)の進行(しんこう)をスムーズに、そして早い(はやい)効果(こうか)をあらわすには、まずは自分(じぶん)の生活(せいかつ)環境(かんきょう)をきちんと整える(ととのえる)ことから始め(はじめ)ましょう。便秘(べんぴ)が視力(しりょく)悪化(あっか)の原因(げんいん)となることを知っ(しっ)ていますか?便秘(べんぴ)になることによって、血液(けつえき)がにごり、体(からだ)の必要(ひつよう)な部分(ぶぶん)に酸素(さんそ)と栄養(えいよう)が行き渡ら(いきわたら)ず、各種(かくしゅ)器官(きかん)のトラブルが起こり(おこり)、そして目(め)のトラブルにつながるのです。内臓(ないぞう)系(けい)の病気(びょうき)や腸(ちょう)の調子(ちょうし)がすぐれない人は(ひとは)、視力(しりょく)が悪い(わるい)人(ひと)が多い(おおい)そうです。内臓(ないぞう)系(けい)の病気(びょうき)は自分(じぶん)一人(ひとり)の力(ちから)ではなかなか治す(なおす)ことはできませんが、腸(ちょう)の調子(ちょうし)を良く(よく)する事(すること)はできます。腸(ちょう)を元(もと)気にする(きにする)為(ため)にも、まずは生活(せいかつ)環境(かんきょう)の中(なか)に1つ、食生活(しょくせいかつ)を改善(かいぜん)するようにしましょう。例えば(たとえば)、肉(にく)と一緒(いっしょ)に野菜(やさい)をとるようにするとか、穀物(こくもつ)を多く(おおく)とるとか、よく噛ん(かん)で食べる(たべる)とか・・・。当たり前(あたりまえ)のことではありますが、これらができていない人は(ひとは)たくさんいます。小さな(ちいさな)子供(こども)にも、将来的(しょうらいてき)に視力(しりょく)が低下(ていか)しないように今の(いまの)うちからこれらのことに気(き)をつけて食べ(たべ)させたほうが良い(よい)でしょう。視力(しりょく)回復(かいふく)トレーニングをしても視力(しりょく)の回復(かいふく)がなかなかみられない人(じん)で、腸(ちょう)の調子(ちょうし)が悪い(わるい)人は(ひとは)、腸(ちょう)に優しい(やさしい)生活(せいかつ)を心がける(こころがける)ようにしましょう。視力(しりょく)回復(かいふく)トレーニングは優れ(すぐれ)た回復(かいふく)方法(ほうほう)ではありますが、何らかの(なんらかの)協力(きょうりょく)があって一層(いっそう)高い(たかい)効果(こうか)を表す(あらわす)のです。なので、いろんなことと平行(へいこう)して行う(おこなう)ようにしましょう。コラーゲンは肌や皮膚のほか、内臓や骨、筋肉、毛髪など全身の細胞にコラーゲンは含まれているんです。

視力回復 トレーニング

視力はトレーニングをしたからといって、回復するとは限りません。

視力回復 トレーニング